法律の制定に関するルールについて

法律とは一般的な解釈として守るべきルールという認識がありますが、その国に住んでいる方に対して強制力を持つものであるため、制定の手段などには細かな決まりがあります。
日本の場合は日本国憲法によって法律の制定手段が明白に決められています。
まず法律を制定できるのは基本的に全国民を代表する選挙された議員とされています。
これは衆議院や参議院のいずれかの国会議員を表しています。
国会は日本において唯一の立法機関と呼ばれているのはこのためです。
日本国憲法によると衆参両議院での可決が条件となっていますが、特別の定のある場合という例外も想定されています。
そのため、衆議院の優越や参議院の緊急集会での法律制定も認められています。
実際の国会においては衆議院と参議院の議決が異なることも珍しくなく、衆議院の優越が無いと法律がいつまで経っても制定できないという事態が起こり得ます。
そこで衆議院で3分の2以上の議席を持つ政党にはある程度自由に法律を制定する権限があります。